保健室より

インフルエンザHEADLINE

感染症〈インフルエンザ(新型および季節性)〉は、学校保健安全法第19条により、

「出席停止」となります。感染症が疑われる場合は、

・登校を見合わせ、病院で受診をして下さい。

・診断が確定したら、必ず担任へ連絡して下さい。

・症状がおさまったら、医師に意見書(ダウンロードできます)を

書いてもらってから登校するようにして下さい。

※意見書が手元にない場合は、口頭で許可をもらったあと登校し、できるだけ早く学校に提出してください。

意見書ダウンロード

【ご参考】学校で予防すべき各種感染症及び出席停止の期間について

インフルエンザに注意!!!

インフルエンザの症状はふつうの風邪とは違います。

頭痛やのどの痛みはもちろん38度以上の高熱・悪寒・関節や筋肉の痛みなど

全身に症状が見られます。また肺炎や気管支炎をおこしやすいのも特徴です。

インフルエンザウィルスが人に感染すると鼻や喉の粘膜の表面について

そこで増え、他の人にどんどんうつっていき、多くの人が感染します。

規則正しい生活で抵抗力をアップさせ、手洗い・うがいをしっかりして

予防につとめましょう。

インフルエンザと診断されたら・・・

「発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで」登校できません。

再登校のために医師の「意見書」が必要です。学校に取りにきていただくか、

ここからダウンロードしてご使用ください。

「意見書」ダウンロード

岸和田市HPより